What's new

先着30名限定セミナー 「急増するネット炎上 -傾向と対策-」受付開始

近年、twitterやfacebookなどニューメディアの不適切な利用(発言)によるバッシング、発言者の特定や悪意あるネットユーザーによるなりすまし、風評・誹謗中傷が多発しています。それにより個人・法人に悪影響を及ぼす事件が増えてきています。ニューメディアリスク協会が主催するセミナーでは参加者に対してニューメディアに潜むリスクとリスク低減のための具体的な手段をご紹介していきます。

4月のセミナーではソーシャルメディア監視を題材とした講演を行いました。6月のセミナーでは「WEBリスク調査」を題材にした講演を行います。

ニューメディアリスクの対策というとソーシャルメディアポリシーの策定や研修、監視ツールなどに意識が向きがちです。しかしこのような対策の前段階として自社の評判について正しく理解し、リスクについて把握することが重要視されてきました。把握したうえでソーシャルメディアポリシーの策定や研修、監視を実施することで効果を高められます。

実施概要

主催 一般社団法人ニューメディアリスク協会
定員 30名
日時 2012年6月6日(水)15:30-17:30
参加費 会員無料 / 非会員1,000円(1名様につき)
場所 TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター カンファレンスルーム1D
内容 第一部:多様化するネット炎上(小林 直樹 日経BP)
個人および企業に悪影響を及ぼすようなネット炎上が多発しております。様々なネット炎上事例に触れておくことで、自社の緊急的な炎上に対してもスムーズに対応することができます。第一部では日経BP社記者の小林様より事例をもとにネット炎上の傾向や企業への影響をご紹介いただきます。

第二部:WEBリスク調査の基本(山本 倫大 株式会社エルテス)
ネット炎上を始めとするリスクの低減対策を検討する際に重要なのは、ネット上での自社の評判や社員による不適切な発言の有無などを把握することです。第二部ではネットリスクの専門会社(株)エルテスの山本様をお招きして具体的な対策についてご紹介いただきます。
お申込み方法 お問い合わせフォームより必要事項をご記入いただくか、下記連絡先にご連いただき、お名前、会社名、 所属部署名(課) 、電話番号、参加代表者メールアドレス、参加人数をお知らせください。

電話:03-5510-5910   メール: info@newmediarisk.org

講演者紹介


小林 直樹(こばやし なおき) 
日経BP社 記者
1971 年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、1994 年日経BP社入社。1996 年「日経ネットナビ」、2002 年「日経ビジネスアソシエ」の創刊、編集などを経て、2007 年「日経ネットマーケティング」(現「日経デジタルマーケティング」) の創刊に参画。現在同誌記者。(社)ニューメディアリスク協会オブザーバー。

山本 倫大(やまもと みちひろ)株式会社エルテス リスク予防事業部 事業部長
「ネットの炎上対策」を提供する㈱エルテス所属。同社リスク対策シニアコンサルタント。同社の800 例にのぼる" 炎上" 事例にもとづく知見から、WEB リスク対策ソリューションの開発を手がける。WEB リスクコンサルティング・講演実績多数。

 

本件に関するお問い合わせ先
一般社団法人ニューメディアリスク協会
事務局
TEL:03-5510-5910
E-mail:info@newmediarisk.org

このページの先頭へ